• TOP >
  • 仮想化ソリューション

仮想化ソリューション

仮想化ソリューションサービスは、医療・オーダリングシステム中心のシンクライアント化(個別最適)が主でした。しかし、少子高齢化の世の中に対応できるよう、高度な遠隔医療、医療連携の実現のため、より高度な業務ができるよう、サービスを提供いたします。

従来の仮想化ソリューションサービス

クライアント端末の管理・運用・調達コスト、情報セキュリティ対策、個人情報の保護など諸問題への対応

今後の仮想化ソリューションサービス

1.PACS等シンクライアント端末での高度グラフィック系アプリケーションの利用(画像診断/読影)

2.特殊な周辺機器のシンクライアント環境での接続及び利用(外部データ連携)

3.HIS/RIS環境の統合、UCとの連携

4.医師個人所有PCのシームレスな連携(BYOD環境に対応)

5.「プライベート」から「共同利用」へ(あらゆる医療機関で均一なサービス)

6.地域医療/介護サービスとのリアルタイムかつユビキタスな連携(在宅医療/見守りサービス)

ユースイメージ


クリックして拡大