• TOP >
  • サービス >
  • サーバ仮想化/デスクトップ仮想化(VDI)

サーバ仮想化

サーバ仮想化とは、1台のサーバコンピュータを複数台の仮想的なコンピュータに分割し、それぞれに別のOSやアプリケーションソフトを動作させる技術です。プロセッサやメモリ、ディスクをまとめて仮想的に複数の領域に分割し、それぞれがあたかも1台のコンピュータであるかのように振る舞い、異なるOSやアプリケーションを同時に実行することができます。

デスクトップ仮想化(VDI)

デスクトップ仮想化(VDI)の特長

デスクトップ仮想化(VDI)とサーバ仮想化で最適な仮想化基盤を構築します。
VDIはTCOの削減、セキュリティの強化、災害への備えはもちろんのことBYOD(私物端末利用)などの多彩なニーズに応えます。

そこに、Thinspace(シンクライント端末)を導入することによってコストパフォーマンスに優れたVDIソリューションが実現できます。

Hyper-V・Thinspaceの特長

マルチデバイス対応
 PCだけでなく、タブレット端末やスマートフォンからも利用可能なためTPOに応じて利用端末を使い分ける方に最適です。
出張先や自宅からのリモートワークだけでなく、外出中や訪問先での活用により業務効率化を実現します。

端末にデータを残さない、BYODにも最適なセキュリティ
 画面転送方式を利用した仮想デスクトップ環境により、操作端末にデータを残さずオフィスと同じPC環境をセキュアに持ち出し可能です。
(ブラウザアクセス型VDI:ブラウザから仮想デスクトップ(VDI)に接続可能。)

RemoteAppと同じアプリ配信機能 既存PCに置き換え/一括管理によるコスト削減
 会社PCを仮想PCに置き換えることにより、セキュリティ確保と運用管理コストを大幅に削減できます

デュアルモニタ対応

オプション

ActiveDirectoryと連動したUSB制御が可能。

社員証(Felicaカード)をかざして簡単ログインが可能。

アプリケーションの仮想化ソリューションも提供しています。
  WindowsXPでしか動かないアプリケーションもVDI上で動かせます。

ユースイメージ